保険金の受け取りに注意!三大疾病保険で保険料を抑える方法とは!

-shared-img-thumb-OZ85_shijiwosrudansei20140321160044_TP_V.jpg

[三大疾病保険と加入時の注意]

ce8e2d6081c9543ebb2bacbf39e62566_s.jpg
病気になった時にかかる費用を補ってくれる医療保険。
日本人に多い病気のトップ3に挙げられるのが「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」で、これらの疾病をまとめて「三大疾病」と言います。
この三大疾病を対象とした終身型の特定疾病保障保険に加入して対象の疾病にかかった場合、一定の条件を満たすと保険金を受け取ることができます!
多くの保険会社では、がんの場合はがんと診断された時、急性心筋梗塞の場合は60日以上労働の制限を必要する状態が継続したと医師によって診断された時、脳卒中は60日以上麻痺や言語障害などの後遺症が継続したと医師によって診断された時に保険金が支払われる仕組みになります。
三大疾病で保険金を受け取った場合は、死亡時の保険金はありませんが、その代わりとして三大疾病にかからずに亡くなった場合には死亡時に保険金を受け取ることができます。
終身死亡保険と保障内容が重なる部分もありますので、既に何らかの保険に加入している方は保障内容をよく検討してみる方が良いでしょう。
既に終身死亡保険に加入している場合、三大疾病に特化した定期保険や死亡保障のついていない商品などを利用することで毎月の保険料を抑えることが出来ます(>_<)

ページの先頭へ