診断給付金で経済的な不安も解消!三大疾病保険の優れたポイント!

-shared-img-thumb-N934_tenjyouwomiagekangaerudr_TP_V.jpg

[三大疾病保険の有効性とは]

93d6c6f2c41debbefd93e4e3c72ab3c4_s.jpg
三大疾病保険とは「がん・急性心筋梗塞・脳卒中」になった時に備える保険のことを指し、これらの病気になった際に給付金が支払われる保険のことです。
しかし、最近では三大疾病保険は必要ないと言われることが増えてきています。
その理由としては、給付金の支払い要件が加入者の想像よりも厳しい点にあるのです。
具体例を挙げると、がんも悪性新生物と診断された場合に限られていたり、急性心筋梗塞や脳卒中も所定の状態と限られており、診断されただけでは支払われないのです。
このように支払い要件が想像よりも厳しく、すぐに貰えないことを理解せずに契約している人が多い点が問題だと思います!
皆さんもこの話を聞くと、三大疾病保険は必要ない保険だと思われますが、私は悪くない保険商品だと思っています。
それは三大疾病になったとして病状の程度が低い場合には、仕事を続けることも可能で健康保険から保証を受けられるので大きな負担とはならないケースが多いのです。
しかし、三大疾病保険が必要となるケースでは就業も難しくなり、経済的な負担も大きくなっていると考えられるので、こういった事態に備えるものとして三大疾病保険は有効だと思うからです(*^_^*)

ページの先頭へ